本文へスキップ

水・人・自然の調和を目指す ひとくらダム

                       アクセス   お問い合わせ

TEL.072-794-6671

〒666-0153 兵庫県川西市一庫字唐松4-1



貯水情報( 12月 6日 9時現在)

一庫ダムの貯水位は 133.03m、貯水量は 11,578千m3、貯水率は43.2% です。

 ※貯水率は、非洪水期(10月16日〜6月15日)の利水容量(26800千m3)に対する割合です。

一庫ダム貯水位の変化状況(PDFファイル)

リアルタイムデータ(関西支社のページ)

防災操作実施状況・速報版(関西支社のページ)

新着情報

2019年12月6日
「一庫ダムの紅葉のドローン動画」をアップいたしました。
紅葉が一層美しさを増し、赤や黄色、緑といった色に染まる一庫ダムの秋。里山ならではの美しい風景です。是非ごらん下さい。
2019年12月6日
「かわらばんひとくら12月号」が完成しました。
今月号は『ダムの安全管理』と『一庫ダム貯水池に生息する魚』を特集しています。
2019年11月29日
【お知らせ】一般駐車場横、インフォメーション屋上スペースは12月2日(月)より冬季閉鎖をいたします。皆様のご理解とご協力をお願いします。
2019年11月11日
【お知らせ】11月17日(日)は一庫マラソン開催のため、インフォメーション屋上スペースの開放を中止します。ご理解とご協力をお願いします。
2019年11月5日
一庫ダムが月刊『ダム日本』に紹介されました
(財)日本ダム協会が発行するダム専門雑誌『ダム日本』の記念すべき900号の中で一庫ダムが紹介されました。 一庫ダムの概要のみならず、詳しい周辺情報も載っています。
ご興味のある方は(財)日本ダム協会(03−3545−8361)までお問い合わせ下さい。
2019年11月1日
「かわらばんひとくら11月号」が完成しました。
今月号は『水中ROV・マルチビーム測量』を特集しています。
2019年10月18日
ドローン動画第4弾!!
今回は見頃を迎える黒川ダリヤ園を紹介します。今年のダリヤ園11月4日(月)までとなっております。ぜひ見に来て下さいね。
2019年10月3日
一庫ダムの広報誌がリニューアルしました!
その名も「かわらばんひとくら」、より見やすく分かりやすくなった一庫ダムの広報誌を是非ご覧下さい。
「かわらばんひとくら10月号」はこちらからどうぞ!
2019年9月30日
『流木玉切り(薪)無料配布!!」
ダム貯水池に流れ着いた流木を引き揚げ、玉切り(薪)にしてリサイクルしております。希望者には無料で配布しておりますので、事前にお申し込み下さい。
※予約人数に達しましたので、受付を終了させていただきました。多数のお申し込みありがとうございました。
2019年9月24日
『一庫ダムエドヒガン桜植樹プロジェクト』が始まりました。
ダム直下にエドヒガン桜を植えることを目的とし、必要な財源の一部を寄附金制度を利用して募集します。詳しくはリンクをご覧下さい。
2019年9月13日
一庫ダムのできごと(8月分)ができました。ご覧下さい。
2019年9月10日
川の「耕し隊」隊員募集!
10月20日(日)に一庫ダムに住むアユの産卵場保全と周辺環境美化のため『川の「耕し隊」』を行います。参加を申し込まれる方は一庫ダム管理所までお問い合わせ下さい。
2019年9月3日
一庫ダムでは、平成30年7月豪雨を受けて機能向上となる事前放流の検討をしてきました。このたび、検討が完了し、令和元年9月1日以降から必要に応じて事前放流を実施することとしました。詳しくはこちらからご覧ください。
2019年8月16日
一庫ダムのできごと(7月分)ができました。
ご覧ください。
2019年7月26日
一庫ダム湖で育ったアユの遡上【動画】
一庫大路次川の龍化地区にて、一庫ダム湖で育ったアユの遡上が見られました。アユが遡上する様子(動画)はこちらからご覧下さい。
https://youtu.be/y_0QbXDYNBo     
2019年6月13日
【お知らせ】
一庫ダムでは6月16日より洪水調節方法が変更になります。ダムの放流量を150m3/秒から200m3/秒変更します。詳しくはこちらをご覧ください。
2019年5月28日
昨年大好評だったダム蕎麦が今年も登場。
一庫ダム直下にある京風かに料理 和音(わのん)さんで夏季限定メニューとして提供されます。ダム蕎麦を食べてアンケートに答えると記念ダムカードをお渡ししています。詳しくは和音HPをご覧ください。
http://www.wanon.club/
           記者発表資料はこちら(本社ページへのリンク)    過去の一覧はこちら

おしらせもくじ


一庫ダムからのお願い

 サイレンやスピーカーが鳴ったらすぐ川から出ましょう!