1. ホーム > 
  2. 様々な取組

様々な取組

寄附金募集

水資源機構では、「水がささえる豊かな社会」を共につくり、共に支えていただける皆様にご支援をお願いしております。 ご支援いただきました寄附金は、水質の保全・改善、自然環境の保全、水源地域の皆様との連携・交流など、水資源機構事業の推進のための活動や取組に有効活用させていただきます。

事業評価

公共事業の効率性及び透明性の一層の向上を図るため、水資源機構事業については、各主務省の実施要領に基づき事業評価を実施しています。

技術開発・技術論文等の発表

水資源機構でこれまでに蓄積された技術力の広範な提供と機構職員が発表した技術論文の発表等を掲載しています。

環境への取組

水資源機構は、水資源開発施設の建設・管理を通じて、水を社会にお届けするとともに 、自然の脅威から人々の生活を守ってきました。
さらに業務の実施にあたっては、環境保全に配慮するため、生態系維持に着目した取り組みや、良質な水環境の保全と創造を目指した取り組みを積極的に行っています。

水資源機構施設による発電への取組

水資源機構では、ほぼすべてのダム施設で水力発電を行っています。また水路施設においても、小水力発電に取り組んでいます。

インフラ長寿命化への取組

政府が策定した「インフラ長寿命化基本計画」に基づき、水資源機構の行動計画を策定し、インフラ長寿命化に取り組んでいきます。

「持続可能で活力ある国土・地域づくり」の推進への取組

水資源機構は、国土交通省等の関係機関と連携し、「持続可能で活力ある国土・地域づくり」に積極的に取り組んでいきます。

優良工事・業務表彰の取組

水資源機構では、受注者の機構事業への理解を深め、施工技術の向上と意欲の高揚並びに労働災 害の防止を図り事業を円滑に推進するため、 対象となる受注者を表彰しています。

コスト縮減への取組

水資源機構は、厳しい社会・財政事情の下で、これまで実施してきたコスト縮減対策の定着はもとより、コストと品質の両面を重視するコスト構造の改善に取り組むことを目標としています。

民間委託拡大への取組

平成22年12月7日閣議決定「独立行政法人の事務・事業の見直しの基本方針」を踏まえ、民間委託の拡大に取り組んでいきます。

障害者就労施設等からの物品等の調達の推進の取組

水資源機構は、国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律に基づく調達の推進に取り組んでいます。

水の週間

「水の日」は毎年8月1日とし、この日を初日とする一週間を「水の週間」として、この週間において、ポスターの掲示、講演会の開催等の行事を全国的に実施しています。
上記の行事は、地方公共団体その他関係団体の緊密な協力を得て行っています。

森と湖に親しむ旬間

毎年7月21日から7月31日は、「森と湖に親しむ旬間」です。この旬間は、国民の皆様に森林や湖に親しんでいただくことで、心と体をリフレッシュ
しながら、森林やダム等の重要性について理解を深めていただくことを目的として定められたもので、水資源機構も主催者の一員となっています。

海外情報

平成15年3月の第3回世界水フォーラムにおいて、水資源開発・管理における実績と教訓をとりまとめ、世界に発信しました。
さらに、同じ気候風土をもつアジアモンスーン地域の国々とお互いの技術等のノウハウを共有するため、NARBOを設立し、水問題解決のための国際協力を進めています。

世界水の日

1992年12月22日の第47回国連総会本会議において、毎年3月22日を「世界水の日」とすることが決議され、世界水の日に水資源の保全・開発やアジェンダ21の勧告の実施に関して普及啓発活動を行うことが提唱されています。

 

障害者差別解消法に基づく独立行政法人水資源機構における対応要領の公表について

平成25年6月に成立した「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)」が、平成28年4月に施行されることを受け、「障害者差別解消法に基づく独立行政法人水資源機構における対応要領」を作成したので公表します。

ページトップへ